How to [夢をかなえるハッピーパペットのやり方]

どんなふうにやるの?

ハッピーパペット1)パペットと取り組む課題や問題を決めます

  • 今よりもこんなふうになったらいいなと思うもの
  • やろうと思っていてもなかなかできないもの
  • やめようと思ってもついやってしまうこと
  • 自分が解決したい問題は?

2)自分のパペットをつくり、名前をつける

パペットレシピを参考にして、お気に入りのパペットをつくりましょう。靴下や紙袋などで簡単に作ることができます。 パペットができたら、少しパペットと対話してパペットと仲良くなりましょう。 パペットは左手につけて、小さい声でもいいので必ず声を出してパペットと対話してください。

3)パペットカウンセリング

  1. パペットに悩みを語ってもらいましょう。そして、パペットが語った悩みを充分受取ります。
  2. その問題を持つことによって得ていることはないかをパペットに聞いてみましょう。例えば、もっと自分を楽にしてあげたい、リフレッシュしたい、愛を実感したい、自分のしたことを許したいなどです。
  3. 「本当はどうしたい?」とパペットに聞いてみましょう。
  4. パペットと相談しながら、本当に望んでいる結果を得るために、今までとは違う別の方法を3つ以上考えてみましょう。
  5. 3つの方法を1つずつ実行に移しているところをイメージして、うまくいきそうかどうか検証してみましょう。もし、3つともうまくいきそうにない場合は、もう一度3つの別の方法を考えるところからやってみましょう。
  6. 自分が考えた方法のうち、どれを選ぶのか採用する方法を選んでみましょう。1つでも全部でもかまいません。
  7. 選んだ方法を使うと、今までとはどのように変わりそうですか?
  8. 今の気持ちをパペットと話し合おう。
クリックしてワークシートPDFをダウンロード ワークシートPDFデータ(PDF形式 約620KB) このシートを印刷して 記入していくことによって自分の考えを 問題解決まで導くことができます。

悩みを抱えた子どもに対して、大人がパペットを使って問題解決へと導いていく

パペットの口をかりて以下の手順で子どもに聞いていきます

  1. 「どうしたの?」
    ※ ここでは、「そうだったんだ」「それは辛かったね」などと気持ちを受け取ることに徹します。決して、「それはよくないよ」などと評価してはいけません。
  2. 「本当はどうしたかったの?」「どんな結果を望んでいたの?」
    ※ この質問を投げかけてみてはじめて自分の望んでいることに気づくことがあります。ゆっくりと答えが出てくるのを待ってあげましょう。
  3. 「本当に望んでいる結果になるために、今とは別の方法を一緒に考えてみようか?」
    ※ 答は3つくらいを目安に「他には?」「他にはどんなものがあるかな?」などといって引き出していきます。このときは、「『それはできそうにない』などと却下しなくていいよ」と伝えてすべての可能性を引き出します。
  4. 「1つずつ、うまくいきそうかどうか考えてみようか?」
    ※ 先ほど3つ挙げた解決方法を、1つずつ子ども自身でその方法を使っているところをイメージして検証するのをサポートします。もし、検証した結果、全ての方法が却下になってしまった場合は、もう一度うまくいきそうな方法を3つ以上考えてみるというプロセスから再度やり直します。
  5. 「どの方法を使うとうまくいきそう?」「どの方法を使ってみる?」
    ※ 自分が考えた方法の中から、子ども自身がうまくいきそうな方法を選べるようにサポートしてください。1つでも2つでも3つでもかまいません。
  6. 「それを使うとどのようにうまくいきそうかな?」
    ※ 自分が望む結果のために選んだ方法を使って、自分でうまく問題に対処しているところをイメージしてもらいます。できれば、「うまくいっている映像はどんな場面が見えてるの?」「そのときどんな音や声が聞こえるのかな?」「そのとき○○ちゃんは、どんな感じがしているの?」というように、視角、聴覚、体感覚にも意識を向けてうまくいっているときの感じを強化するといいでしょう。

6つのステップは、全てがうまくいかなくても、1つ1つのステップは単独にしても意味がありますから、全部が上手くできなくても大丈夫です。パペットは子どものペースに寄り添って、一緒に考えを導き出すのを手伝ってあげてください。

パペットを左手につけて、以下の質問を何度でも繰り返し自分に投げかけます。
そして、自分の中に浮かんできたことをどんどん書き留めていきましょう。それは、単語でなくてもいいのです。イメージとか感じとかでもいいので、言語化しないでそのままを書きとめて置いてください。

  1. 好きなことは何ですか?
  2. やっていて楽しいことは何ですか?
  3. 笑顔になれるときはどんなときですか?
  4. 嬉しいことは何ですか?
  5. 幸せを感じるのはどんなときですか?
  6. 今までで頑張ったとは何ですか?
  7. 自分を誇りに思うことは何ですか?
  8. 何でも叶うとしたら、何を叶えたいですか?
  9. その結果手に入れたいものは何ですか?
  10. あなたが実現したいことは何ですか?

ライフラインに実現したいことベスト10を書いてみよう

① 四角の中に予定寿命を書き入れる ② 現在の自分の年齢のあたりに点でしるしをつける ③ 現在から予定寿命までの未来に、いつごろどんなことを実現したいのか書き入れる

書き出せたら人生にタイトルをつけてみよう

人生のタイトルは、

 

 

パペット一緒に実現した未来を見てきましょう!!!

パペットのインタビューに答えてください。

  • 夢を実現した自分はどこで何をしていますか?
  • 実現した周りには何が見えて、何が聞こえて、身体にはどんな感じを感じているでしょうか?
  • そのときの自分はどんな服装で何をしているのでしょうか?
  • 夢を実現した自分は何を得ているのでしょうか?
  • 実現した自分はどのような気持ちで、どのような実感をかみしめているのでしょうか?
  • 実現した喜びを誰にどのように伝えているのでしょうか?
  • 以前とはだいぶ変わっていますが、なんでそんなに変わられたのでしょうか?
  • 夢を実現する最初の一歩は何をしたのでしょうか?
  • 夢を実現した未来の自分は、今の自分にどのようなメッセージを伝えたいのでしょうか?
  • メッセージを受け取ったら、未来の自分に何と伝えたいでしょうか?

ゆっくりと今、ここに戻ってきてください。

  • 今の気持ちや感想は?

じゃがいもの夢

準備するもの

じゃがいも 1つ

進め方

① じゃがいもを1つ手にとって、無言でじゃがいもと向き合ってみよう。
② じゃがいもに「名前は?」と聞いてよう。インスピレーションで名前をつけてもよい。
③ じゃがいもに、「どこから来たの?」と聞いてみよう。
④ じゃがいもに、「特技は何?」と聞いてみよう。
⑤ じゃがいもに、「夢は何?」と聞いてみよう。
⑥ じゃがいもが語った夢を、言葉にして表現してみよう。パペットや人形にじゃがいもの語ってくれた夢を言葉にして教えてあげてもいい。
⑦ 言葉にしてじゃがいもの夢を語ってみて、感じていることや気づいたことなどがあれば表現してみよう。言葉でもいいし、文章にして書いてみるのもいい。
⑧ じゃがいもの夢は、自分の夢と何か共通しているところはないか考えてみよう。

Powered by Movable Type