News [お知らせ] 詳細:夢をかなえるハッピーパペット

« 前へ| | 次へ »

ある組織のパペットを使った問題解決実践例


パペットは組織の問題解決にも活用できるでしょうか?

今月、ある組織に招かれて、部署ごとにリストアップされた問題を
その部署の担当者から、次から次へと相談されました。

たくさんの問題を提示されて、すべての問題の解決策を提示することを
求められたのです。

私は、しばらく考えて、これらの解決策は、
私から提示するよりも、パペットを活用したパペットカウンセリングによって
それぞれが自分のパペット(無意識)から答えを得たほうがいいと思ったので、
その場で、パペットカウンセリングをレクチャーしながら実践しました。

最初は、いつものようにそれぞれに解決したい問題を選んでもらって、
6つのステップを説明しながら行っていきました。

実践しているうちに、沢山の問題よりも、一番気になっている一つの問題を
みんなが解決したいと思っていることに気がつきました。

そこで途中からは、全員で同じ問題についてパペットと対話しながら
それぞれが導き出したことを、ひとりひとりシェアしていくというスタイルで
行うようにしました。

すると、新しい発見と深い気づきにつながり、パペットカウンセリングは
さらに大きく発展することとなりました。

そのプロセスは次のように行っていきます。

1.問題についてそれぞれが思っていることを、自分のパペットの口でかたってもらい、
  パペットの言葉を聞いてみることによって、問題を客観的に眺めます。

2.問題と思っているそのことに、肯定的な意図があるとすればそれは何かを考えてみます。
  ◆ ここでは、問題行動をしている本人は、この問題を引き起こすことによって
     何を得ようとしているのか?
  ◇ このことを問題と感じている自分自身は、この問題を持つことによって、
     何を得ているのか?

3.本当はどうしたかったのか?本当はどうしたいのか?
  ◆ 問題行動を起こしている本人は、本当はどうしたかったのか?
  ◇ 自分自身は、この問題について、本当はどのように取り組んでみたいのか?

4.3で見つけた「相手の本当に求めていること」をふまえて、
  「自分の本当に求めていること」を実現するために、できることは何か?3つ以上挙げる

この4つのプロセスを、全員で行い、出てきたことをシェアしたとき、
今までは気づかなかった深い気づきに到達し、問題の本質と向き合い、
そして、心の底から求めていた答えにたどりつくことができました。

それは、今まで問題を多くもたらした相手は、
本当はもっと認めて欲しいのではないかということや
その気持ちがエスカレートして、みんなが苦手になるくらいの行動に
でてしまっているのではないかということ、
今までは逃げるようになるべく関わらないようにしてきたことが
結果的には、更なる行動へと相手を駆り立ててしまっていたこと
などに気づき、逃げるのではなく、
できるところから、相手を認める働きかけをしていこう
という決意にいたったのです。

これは、これまでの考えや行動を見つめなおし、
もっと深いコアな自分が求めていたことを
行動レベルでの解決策にたどりついたともいえます。

今までは、モンモンとしていた悩みでしたが、
この体験をさかいに、新しい気づきと発見とともに、
気持ちが切り替わり、スッキリしながら
新しい展開に結びつく結果となりました。

新しいパペットの可能性に気づき、新しい展開に
私はとてもウキウキしています。

今回は、パペットカウンセリングと一緒に、ストロークのレクチャーをしたことも
深い気づきにつながった要因だったと思います。

そして、もっと多くの人たちにもこの体験を広めたくなりました。

パペットが、次はどんな幸せを運んできてくれるのか
私自身も楽しみにしています。

みなさんも、機会があったら試してみてくださいね。

Powered by Movable Type